52

前回の続きです。








【軍鶏】
10


『喧嘩商売』で格闘漫画を語っておきながら

『軍鶏』を初めて読んだのはつい最近のこと。お恥ずかしい。

そして読んでみてびっくり。

原作者と作画の素晴らしいコンビネーション。



20


主人公が少年院の中の生活で鍛えられてゆく設定は、

いわゆる『あしたのジョー』のようなサクセスストーリー and 荒廃の美学かな?

なんて予見していたのだがとんでもない。

どうやら原作者の橋本以蔵は梶原一騎よりもよっぽど教養があるようで。


エンターテイメントの世界では犯罪者を「悪」として描くのがセオリーで

殺人者を「誰でも成り得る、否定したくてもできない姿」として描いてはいけない。

ましてや犯罪者を理解しようとするような教養は世間では受け入れられません。

「悪い奴は倒す = 正義」

この一般認識を否定するエンターテイメントはまず売れない

なぜなら犯罪者に正当性を持たせると、読者は単純に不快感を覚えるから。

だから『ワンピース』の主人公たちも犯罪者でありながら、

仲間という言葉を連呼し、アイデンティティを正義に置き換えてくどいほど主張する。

ゆえに彼らは海賊でありながら読者にヒーローとして受け入れられるのです。

だが『軍鶏』の主人公には悪と知性と正当性と歪んだ兄弟愛とアイデンティティとetc…

人間を形成する要素の出来る限りを詰め込ませようとする。人間の嫌な現実感がある。

『軍鶏』という漫画を否定すれば、自分の浅はかさを証明されてしまうような気がする。

この作品がウケたのは、決して過激な演出によるものだけでなく

知的好奇心のある読者へのある種の脅迫と、日本の漫画文化の懐の深さにあると思うのです。



34

んで…

ここまでベタ褒めしておいてなんだけど

私が『軍鶏』を評価しているのは、やはり菅原直人戦まで。


互いに正反対の人生を送ってきたリョウと直人。

二人の実力差は歴然で、練習量・知識・体格のすべてにおいて直人が圧倒的有利。

民衆も一人残らず直人を応援し、犯罪者のリョウに向けては「殺せ」コールが集中。

社会不適合者をとことんまで虐め、排除しようとする世間の縮図が演出される。

中でもリョウの死を予感させる第4ラウンドの演出も冴え渡っていた。

物語はここで最高潮を迎える。

それだけに菅原直人との決着が終わった後の『軍鶏』の勢いは、

リョウが抱える喪失感とシンクロするように落ち込んでゆく。


クンフーとか、バレエダンサーとかはいらんのですよ……

鉄拳伝タフみたいになってんすよ……

初期が強烈だっただけに実に惜しい。



50

こいつらも、狂気よりも間抜けさの方が目立って緊張感が出ない。

ただ…彼らの「人殺しをやっつけてやる」という無配慮なセリフは、

ニュースで見た事件に好き勝手意見する無智蒙昧な私たちネットユーザーと

重ね合わせてみるとちょっとゾッとしたり……

ちょっと深読みが過ぎますね。

しかし『軍鶏』を読み解く上で、日本の現代社会

そして世情を切り離して考えるのは不可能だと思うのです。

個人的見解としては、そんな感じ。



14

最後にちょっとした豆知識。

『軍鶏』の作中で登場する喧嘩師・早乙女薫のモデルは

素手喧嘩(ステゴロ)で有名な花形敬、実在した人物です。

花形敬は他にも『バキ』の花山薫のモデルでも知られています。

そして後に形を変え『喧嘩商売』で工藤優作のモデルとしても流用されてゆくわけですね。

梶原さん……










01

思ったより長くなっちゃったから、今日はこれまで!

裏モモちゃんのマンガ事情はまだまだ続く…

漫画考察・研究ランキング